スタンディングデスクを使った感想

ブログ

在宅勤務の欠点

新型コロナウイルスの感染防止のため、緊急事態宣言が出されてから、仕事がテレワーク・在宅勤務になっている人、多いと思います。

 

私も、基本的に在宅勤務をするように、というお達しが職場で行われたため、4月からは、ほぼ家でテレワークしています。

 

家でテレワークするにあたり、最初は快適だったんですが、だんだんと在宅勤務の欠点が見えてきました。

 

在宅勤務の欠点の一つに、「一日中座りっぱなし」という問題があります。

明らかに一日中座っているので、運動不足にはなるし、運動不足以上にヤバいと個人的に感じているのが、

「おしりの痛み」

です。

 

ずーっと座っているため、お尻に圧がかかり続けて、座ると痛いのはもちろんのこと、最近は座っていない状態でも、お尻の一部が痛い、という結構ヤバい状態です。

お尻は痛いが、座って仕事をしなければならない、という状態。

この問題点を解決するために、立ったままパソコンを使える「スタンディングデスク」を買ってみました。

 

買ったのは、このサンワダイレクトのスタンディングデスクです↓

 

スタンディングデスクはいろいろな種類があるのですが、私が買ったのは、いつもの机の上に置いて、スタンディングデスク化してくれる、「高さ調節できるちゃぶ台」のような机です。

広い家に住んでいる人なら、そんな親子亀みたいな感じのスタンディングデスクじゃなくて、最初からスタンディングデスクとして売られているスタンディングデスクを使えれば良いと思うのですが、ウチのような狭い家では、私が買ったような、既存の机を活かしつつ、スタンディングデスク化できた方が使い勝手が良いのでは?と思い、この形状にしました。

スタンディングデスクを使った感想

いざスタンディングデスクが届いて、使い始めてみると、立ってパソコンが使えるので、お尻が痛くない!(当然w)

 

しかし、スタンディングデスクとしてずっと使っていると、今度は足が疲れて、痛くなってきます。

そうしたら、スタンディングデスクの高さを変えて、座って仕事。

ちょうどこの画像のような感じです↓

座りっぱなしも問題ですが、立ちっぱなしも立ちっぱなしで問題だ、というのが分かりました。。。

なので、座ったり、立ったり、を切り替えられるスタンディングデスクは私にとって良かったです(*´∀`*)

 

タイトルとURLをコピーしました