iOS12で設定から「機能制限」がなくなった

IT・デジタル

超遅ればせながら、iPhoneのiOSを12にアップデートしました(*´∀`*)

そしたら、iOS11には、

設定 > 一般 >機能制限

という感じで機能制限の画面でいろいろ設定できていたんですが、それがなくなってしまいました。。。

 

この「機能制限」の画面でいろいろと設定ができて、たとえばポケットの中に入れていて、手や足に画面が当たって、アプリケーションが誤って削除されちゃったとか、子供が勝手にいじってApp内課金しまくった、とかの事故をあらかじめ防ぐことができたりします。

 

私もAppの削除やApp内課金は普段はオフにしているのですが、iOS12にした後、不要なAppを整理しようと思ったら、「機能制限」が見つからず、いろいろと探すハメに。。。

 

消えた機能制限はココにある

いろいろと探した結果、iOS12では、

「設定」>「スクリーンタイム」

の中に移動したようです。

 

たとえばAppの削除の項目を探すと、

「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」>「iTunesおよびApp Storeでの購入」

の中にありました。

 

iOSが新しくなるのは良いんですが、いきなり今まで使っていたものが全然検討もつかないようなところに移動するとちょっと戸惑いますね。。。

 

iOS12にアップデートされてから、対応していないAppで作者側が対応しないと使えないものが増えてきたので、普段使ってないような昔インストールしたAppはこれを機にきれいに掃除しようと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました