ヒートショックプロテイン入浴法で若返り効果

日記

ヒートショックプロテインとは、HSPとか略されたりしますが、傷んだ細胞を修復してくれるタンパク質のことです。
さいきん、このヒートショックプロテインが体(とくに血管)の老化を止めて、若返らせてくれるすごい物質なのでは?ということで注目を浴びてるんだとか。

 

ちなみに、私たちにはもともと、このスゴイ物質HSPがあるそうなんですが、20歳から徐々に減っていってしまうんだとか。
この仕組み、冷蔵庫でヘナヘナになってしまったレタスを熱いお湯につけるとシャキッとするのと同じようなものらしいです。

 

たしかに、あんなにヘナヘナだったものがシャキッとする、といわれると確かにそうかも?と思ってしまいます(*´∀`*)

 

上記のレタスを人間に対して行うには、お風呂を使った入浴法が簡単にできる方法です。

 

その入浴法とは、単純に体を通常の平熱よりも温める、というもの。

・お風呂の温度を41度にして15分間肩までしっかりつかる
・入浴後も保温して10分体に熱をこもらせキープする

 

というだけで、血管を若返らせたり、美肌効果や疲労回復効果、さらには肝機能改善とか認知症予防効果なんてものまで期待できるんだそうです!

 

なお、頻度は週に2回程度で良いそうで、それ以上やってしまうと、その温度に体が慣れてしまって効果が薄くなるようなのでご注意を。

 

ヒートショックプロテイン入浴法、いいことだらけのようなんですが、個人的には15分もお風呂に浸かってられないので、そこがハードルですね。。。

 

Kindleとかをジップロックで包んで持ちこんで読書しながら、とかかなぁ(^-^;

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました